O脚・X脚・岸和田市・足の悩み・岸和田・O脚矯正・美脚・忠岡・貝塚・和泉市・泉大津・熊取・泉大津・泉佐野

TOP O脚X脚の仕組み O脚X脚の原因 治療の流れ 治療方法 エクササイズ Q&A アクセス
みやま整骨院
〒596-0046 岸和田市藤井町1丁目12-5エアリーズ上野1F
TEL&FAX 072-438-3246  予約専用 072-447-7759

コンテンツ
TOP
O脚X脚の仕組み
O脚X脚の原因
治療の流れ
治療方法
エクササイズ
Q&A
診療時間と料金
アクセス

過去の症例
A.Oさん(08/7/12初診)
E.Nさん(08/8/6初診)
Y.Nさん(08/8/12初診)
A.Hさん(08/8/20初診)
K.Fさん(08/10/3初診)
M.Mさん(09/2/4初診)
Y.Kさん(09/6/17初診)
S.Mさん(09/7/11初診)

ホームページ
みやま整骨院
鍼灸ホームページ
  交通事故
 体の構造と病気 

ブログ
院長ブログ
木村先生ブログ
島人ブログ
受付ブログ

岸和田市藤1-12-5
TEL 072-438-3246
予約 072-447-7759

miyamaseikotuin@
globe.ocn.ne.jp

診療カレンダー
2017年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19
20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23
24 25 26
27 28 29 30 31
午後休診 休診
     診療時間
  午前 8:00〜12:00

  午後 3:00〜 7:30

携帯ホームページ
O脚X脚の仕組み
O脚・X脚には先天的なものと後天的なものの二種類に分けられます。

新生児は先天性異常がない限りO脚です。
3才〜5才頃より徐々にO脚が改善されはじめます。

思春期になるとO脚かX脚・正常な脚にと分かれます。
思春期の間にO脚やX脚を促進させる姿勢や動作により脚の形は決定
するのです。

後天的なO脚・X脚は姿勢や動作を正常に戻してあげることで改善されます。


あなたのO脚X脚を促進させる姿勢・動作チェック

    O脚チェック
(四角の中にチェックを入れて下さい)
座っている姿勢
1. 正座を崩した横座り。
2. あぐらをかく。
3. おばあちゃん座り
(正座を崩しておしりを下につける)
イスに座っている姿勢
4. 足を組む。
5. 浅く腰を掛ける。
6. 深く腰を掛け背もたれにもたれる。
7. 内股で腰を掛ける。
立位の姿勢
8. 肩足に体重をかけて立つ。
9. 足をクロスする。
10. かかとの外側に体重かけ立つ。
歩行時の姿勢
11. 外股(つま先が左右外側を向く)
12. 内股(つま先が左右内側を向く)
13. 歩幅が狭い。
14. 足の裏全体でベタベタ歩く。
15. 5cm以上のハイヒール・ミュールを履く。
16. 膝のお皿が外に向いている。
骨盤(後面)
上記の図のように悪い姿勢を続けていると骨盤内の仙腸関節部分が開きその結果股関節が外方にと押し出され、足全体がO脚に見えてくるのですが股関節の歪みは膝・足首とつながっており、膝の痛み・外反母趾の原因にもなります。
仙腸関節部分の開きがO脚のすべての原因ではありませんがこの仙腸関節を整えてあげることがO脚改善の近道だと私は思っております。
正しい位置に仙腸関節を整えその後、体操やストレッチで筋肉や体のバランスを保ち少しづつO脚を改善していくのだと思います。
骨盤内の空間が広くなるため内臓が下がりポッコリお腹の原因にもなります。


骨盤とO脚X脚の位置関係

脊柱(側面)
脊柱に対して仙骨の角度が少ない
場合はO脚になることが多く、逆に
仙骨の角度が多い場合はX脚にな
ることが多くなります。
骨盤(後面)
骨盤内の仙腸関節が正常な位置
よりも開いている場合はO脚にな
ることが多く、逆に開いている場
合はX脚になることが多くなります。






このように遠方からたくさんの方々が当院にお見えになっております 岸和田市貝塚市泉大津市忠岡町泉佐野市和泉市高石市堺市熊取町泉南市田尻町・岬町・河内長野市・京都市・港区・守口市・住吉区・住之江区・松原市・城東区・神戸市・吹田市・生駒市・生野区・西成区・池田市・中央区・天王寺区・富田林市・田辺市・ 都島区・東住吉区・東成区・東大阪市・東淀川区・八尾市・大阪狭山市・福島区・平野区・豊中市・北区・淀川区・浪速区・和歌山市・天理市・尼崎市



みやま整骨院

大阪府岸和田市藤井町1丁目12-5 エアリーズ上野1F
TEL 072-438-3246
miyamaseikotuin@globe.ocn.ne.jp